仮想通貨の相場予想をする前に~チャート分析とは

メニュー一覧
仮想通貨のチャート分析 PC版イメージ 仮想通貨のチャート分析 スマホ版イメージ

仮想通貨に限らず、世の中には相場予想があふれています。いろいろな予想を見聞きし、自分でも予想を考えるのは楽しいです。ただ、チャート分析にしてもファンダメンタルズ分析にしても、注意点が複数あります。

当サイトの相場分析を読んで考えていただく前に、この記事をご覧ください。

なお、当サイトのチャート分析は、実際に相場で勝っているトレーダーによるものです。そのトレード成績は、「仮想通貨のやさしい始め方」の公開トレードでご覧いただけます。いくつも制限を付けた中での売買ですが、成績はプラスで推移しています。

チャート分析とは何か

当サイトは、仮想通貨のチャート分析を中心にお届けします。ここで、当然のように「チャート分析」という単語を使っていますが、チャート分析とは何でしょうか。

チャート

チャートとは、目的の相場について、過去の値動きをグラフ化したものです。

チャート分析

そして、そのグラフ化した価格推移の分析が、チャート分析です。

チャート分析は過去の分析にすぎない

チャート分析は、過去の値動きの分析です。よって、将来を直接分析するわけではありません。将来のことは誰にも分からないのですから、過去と現在のデータを使って将来を考えるしかありません。

しかし、将来の値動きは、だれにも分かりません。相場でどれだけ稼いでいる人であっても、分かりません。

「将来の値動きが分かる」という人がいたら、それは詐欺師か神様かのいずれかでしょう。とはいえ、相場で大きく稼いでいる人がいるというのも事実です。どうなっているのでしょうか。

「過去の傾向」を分析する

では、相場で稼いでいる人は、チャートで何を把握しているのでしょうか。それは、「傾向」です。

これを知っているというだけです。将来を見通す水晶玉を持っているわけではありません。よって、期待通りの値動きをするかどうかについては、確率の話になってきます。100%常に期待通りの値動きをするわけではありませんから、資金管理が重要になります。

トレーダー特有の「勘」

なお、「チャート分析で特定の形が出たら、近い将来に特有の値動きをしやすい」というだけでしたら、MT4で自動売買すれば大儲けできるはずです(MT4とは、自由にプログラミングして自動売買できるツールです)。

しかし、MT4で特定のチャートパターンをプログラミングし、自動売買させても、継続的に稼ぐことはできないでしょう。

短期ならば、稼げると思います。数年でも可能な場合があるでしょう。しかし、それよりも長期で稼ぎ続けることは、おそらくできません。そのようなEA(自動売買プログラム)があれば、筆者自身がぜひ買いたいです。

これはなぜか?ですが、「トレーダーの勘」とも呼ぶべきものがあるからです。

「チャート分析によると、今は買いだ。しかし、やめた方が良いだろう。」これができるのが、勝ち組トレーダーです。文章化が難しい部分です。

「勘」を養うには

では、この「勘」を得るには、どうすれば良いでしょうか。それは、訓練しかありません。自分で訓練を積むことによって、次第に体得できるようになります。

例えば、筆者の場合、「ここでは買いだが、値動きがいつもと違って不自然だ。見送り。」とする場合があります。この、「値動きがいつもと違って不自然」というのは、普段からチャートを見ていないと分かりません。

よって、チャート分析結果だけを頼りにして、大きく資金を投入し続けると、損失リスクが比較的高めになるでしょう。

チャート分析が外れても、誰も責任を取らない

このように、チャート分析と実際のトレードの間には、目に見えない壁があります。一方で、チャート分析手法は数多くあり、比較的明快に文章化できます。

よって、インターネット上で数多くの分析が出回っています。

しかし、「このサイトに掲載している分析に従ってトレードして、結果として損しても、運営者は責任を負いませんよ」という性質を持っています。

これは、当然でしょう。1分先であっても、未来を確実に見通すのは不可能です。「チャート分析によると、将来は・・・になりやすいだろう」というだけです。決して確約するものではありません。

読者の皆様は、この点に注意が必要です。「有名な××さんが買いだと言っているから、ここは買いだな」というのは、短期的には成功するかもしれません。しかし、生きるも死ぬもその有名人次第になってしまいます。

「自分はどう考えるか」が重要です。常に自分を主人にして、繰り返し考察しましょう。こうすることで、トレーダーの「勘」を得やすくなります。

適当に買っても、大勝ちできるときがある

今まで、チャート分析とそれに基づくトレードは大変だという趣旨を書いてきました。しかし、現実には、適当に売買しても大勝ちする例があるのも事実です。

というのは、誤解を恐れずに書くならば、相場は簡単だからです。

極めて単純です。難しい方程式を解く必要はありません。何かの資格が必要というわけでもありません。年齢、性別、出自、血液型、容貌など、全く関係ありません。「価格が上昇するときに買って持っているか」これに尽きます。

「なーんだ、じゃあ簡単だな」

となるのですが、問題なのは、「自分も、適当に買って大勝ちした人と同じように買えるか」です。

適当なので、根拠はないかもしれません。「何となく、買ってみた」です。これだと、宝くじと変わりありません。宝くじと変わらないということは、大勝ちした人は、たまたま運が良かっただけということになります。

では、何とかして確率を上げようという話になり、確率を上げるにはチャート分析しようという話になります。結局、チャート分析に戻ってきます。

多少の運も期待しつつも、真摯にチャート分析に向かうことで、将来の展望が開けることでしょう。

仮想通貨の相場分析