下値支持線と上値抵抗線の引き方で見えてくるトレード手法

メニュー一覧
仮想通貨のチャート分析 PC版イメージ 仮想通貨のチャート分析 スマホ版イメージ

チャート分析記事を読んでいると、「下値支持線(したねしじせん)」「上値抵抗線(うわねていこうせん)」という言葉がしばしば出てきます。そこで、下値支持線とは何か?上値抵抗線とは何か?について確認しましょう。

実際のトレードにおいても、有効に機能する例があります。

補助線

下値支持線と上値抵抗線を理解するには、「補助線」の理解が必要です。そこで、補助線について最初に確認しましょう。

補助線とは、チャート分析を容易にするために、チャート上に描く直線のことです。自分がチャート分析しやすくするために描く線ですから、「こうしなければならない」という厳格なルールはありません。

ただし、「下値支持線・上値抵抗線を確認するための簡単なルール」というものはあります。全然難しくありませんので、順に見ていきましょう。

下値支持線

チャートを見ると、仮想通貨価格は上下動していると分かります。上下動を繰り返すと、「山」と「谷」が数多く出てきます。

山と谷の説明は、文章よりも絵で見たほうが分かりやすいでしょう。下の通りです。青の曲線は、価格推移を示しています。

相場の山と谷イメージ

価格が上昇して、その後下落します。すると、山のような形になります。そして、価格が下落してから反発して上昇すると、底の部分は谷のように見えます。

山と谷のパターンを見つける

この山と谷ですが、何の特徴もないように見えることが多いです。しかし、「同じ価格帯で谷ができているように見える」という場合があります。そこで、谷のあたりで直線を引いてみましょう。

下の図の通りです。

サポートライン(レンジ)イメージ

赤で引いた線は、補助線です。そして、点A、B、Cとありますが、それぞれ谷です。こうしてみると、赤の補助線まで価格が下がったら、それ以上下落するのを嫌がって上昇しているように見えます。

この補助線を「下値支持線」と言います。

なお、下値支持線は水平である必要はありません。下のように、斜めになっていても構いません。

サポートライン(上昇時)イメージ

また、チャートの谷と下値支持線が常に接する、というルールもありません。上の図ですと、点Bは下値支持線よりも少し上にあります。

「下値支持線と谷は常に接する」というルールでしたら、比較的簡単です。しかし、接していなくてもいいよ、というルールです。そこで、下値支持線を使いこなすには、少し練習が必要かもしれません。

しかし、他の分析手法に比べると、下値支持線を探すのは簡単です。ほどなくして、使いこなせるようになるでしょう。

なぜ下値支持線で価格が反発するか

ここで、一つ考えてみましょう。「なぜ下値支持線で価格が反発するか」です。回答の一つとして、「そう見えるように、線を引いているから」があるでしょう。これが正しいとすると、下値支持線に大した価値はないことになります。

しかし、下値支持線は価値があるでしょう。なぜなら、下値支持線で繰り返し価格が反発する例が珍しくないためです。

そこで、少しでも早く下値支持線を見つけられれば、トレードチャンスになります。

では、なぜ価格は下値支持線で反発しやすいのでしょうか。この問いに合理的な回答を与えるのは困難でしょう。というのは、無数の人々が取引をしていて、それぞれが異なる理由で売買しています。理由を見つけるのは難しいです。

理由はともかく、私たちにとって大切なのは、下値支持線で反発しやすいという事実だけです。

このため、多くのサイトやブログ等でも、下値支持線の話が出てきます。ただし、下値支持線は永遠に有効というわけではありません。取引する場合は、同時に損切り注文も出しておく必要があります。

上値抵抗線

次に、上値抵抗線を確認しましょう。下値支持線を理解すれば、上値抵抗線は簡単です。というのは、上値抵抗線は下値支持線の反対だからです。

下の値動きをご覧ください。価格が上昇したがっているのに、赤の補助線あたりで反落している様子が分かります。本当は上昇したがっているのか不明ですが、「上値抵抗線」という名前から、価格上昇を邪魔していて嫌な線だ!という感覚が何となく伝わってきます。

レジスタンスライン(レンジ)イメージ

上の図でも、点Bの山と上値抵抗線を少しずらしました。山と上値抵抗線が一致する必要がないというのは、下値支持線の場合と同じです。

上値抵抗線を使ったトレード手法例

では、上値抵抗線の例を使って、トレード手法(案)を考察してみましょう。

レジスタンスラインでの取引開始のタイミング

取引開始価格

上の図で、点Xと点Yを書きました。これは、トレードの開始位置です。

点Xで売りトレードを開始してトレードに成功すれば、大きな利幅を期待できます。少なくとも、点Yで売るよりは有利でしょう。

しかし、点Xで売った後、価格がそのまま上昇し続ける可能性があります。上の図ではトレードが成功する様子を描いていますが、実際にはそうならないことがあります。

一方、点Yで取引を開始する意図ですが、「価格が上値抵抗線で弾かれて下落するのを確認してから売ろう」ということです。すなわち、トレンドを確認して売りますから、売った後に価格が上昇する可能性を減らせます。

ということは、勝率が高くなることを意味します。

しかし、点Xで売る場合に比べて、利食いできるときの利幅は小さくならざるを得ません。

では、当サイト運営者はどうしているか?ですが、点Xで売ることもあれば点Yで売ることもあります。いつも上値抵抗線で反発してきれいなチャート形状だなあ、という場合に、点Xで売る場合が多いです。

取引を終了する価格

では、点Xまたは点Yで取引を開始するとして、どこで利食い・損切りをすれば良いでしょうか。

損切り

損切りすべきポイントは、比較的容易に分かります。上の図でいえば、価格が上値抵抗線よりも高くなったときです。

上値抵抗線から価格が下落すると考えて売りました。そのプランの前提が崩れたのですから、いつまでも売りトレードを続けてはいけません。損切りして取引を終了させます。

利食い

一方、利食いの場合は、少々難しいです。というのは、チャート形状によって最適な利食い位置が異なるだろうからです。

利食いで適切な位置を考える案として、「損切りが成立する場合の損失額と、利食いが成立する場合の利食い額を比べて、利食いが大きくなるようにする」があります。

例えば、あるトレードで、損切りが成立する場合に1万円の損になるとしましょう。この場合、利食いで得られる額が1万円を超えるようにするということです。こうすれば、勝率が50%でも、取引を繰り返せば合計でプラスになるだろうと期待できます。

世の中には、損するパターンとして「利小損大(りしょうそんだい)」という言葉があります。

利食いするときの利幅は小さく、損切りするときの損失幅を大きくすると、合計で負けるよ、という意味です。そうならないように気を付けましょう。

下値支持線を使ったトレード手法例

最後に、下値支持線を使ったトレード例を考えましょう。これは、上値抵抗線でトレードする場合と正反対です。

サポートラインでの取引開始のタイミング

価格が下値支持線あたりまで下がったら買う(点X)か、反発して上昇すると確認してから買う(点Y)かの選択となります。

仮想通貨の相場分析