仮想通貨のトレード成果を公開中【2017年12月分】

メニュー一覧
仮想通貨のトレード成果 PC版イメージ 仮想通貨のトレード成果 スマホ版イメージ

2017年12月も、先月に引き続き値動きの大きな相場になりました。そこで、最初に各仮想通貨の値動きを概観しましょう。そして、今後のトレード方針と当サイトのトレード成績を確認します。

仮想通貨の相場状況

先月までの仮想通貨の値動きを確認しましょう。当サイトで採用しているリピート系注文を実行するには、少々不都合な値動きでした。

ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)

最初に、当サイトが最も注目しているビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)を確認しましょう。下はbitbank.ccから引用した日足チャートです(以下同じ)。上昇傾向ながらも比較的穏やかな動きでしたが、赤の矢印の通り、一気に上昇していることが分かります。

【BCH/JPY】日足チャート(2017年12月31日)

当サイトで採用しているリピート系注文は、価格の上下動がある場面で威力を発揮します。トレードを何回か実行したものの、このような急上昇は得意でないので、全体としては傍観しました。

リップル/円(XRP/円)

次に、リップル/円を確認しましょう。ビットコインキャッシュ/円よりも劇的に上昇していることが分かります。

【XRP/JPY】日足チャート(2017年12月31日)

12月初めは30円前後でしたが、12月の最高値は300円となっています。1か月足らずで10倍になりました。大爆発です。買って持ち続けるというトレードを採用するのが最強という相場でした。

よって、当サイトのリピート系注文はお休みしました。

モナコイン/円(MONA/JPY)

次に、モナコイン/円を確認しましょう。モナコインについては、上の2つと異なる値動きをしています。上二つは大幅上昇でしたが、モナコインは大幅上昇&大幅下落でした。

【MONA/JPY】日足チャート(2017年11月30日)

上のチャートで、12月初めに一気に急騰しました。このまま上昇もありうるか?と思わせましたが、その後、大きな下落です。

  • 12月初め:600円くらい
  • 最高値:2,400円くらい
  • 年末:1,200円くらい

すさまじい値動きです。あまりに値動きが大きいので、ここでもリピート系注文をお休みしました。

投資資産額の推移

では、この値動きを受けて、当サイトのトレードはどうだったでしょうか。最初に、トレード成績を確認しましょう。20万円を元手にしてトレードした結果の推移です。

トレード成績(日本円)

12月に、一気に成績が伸びました。元手が20万円で、2017年12月末に114,500円ほどの収益です。すなわち、わずか3か月ほどで55%以上の利益を獲得しています。このカラクリですが、以下の通りです。

当サイトの公開トレードは、以下の4つを組み合わせています。

  • 1.仮想通貨の長期保有
  • 2.リピート系注文で円を獲得
  • 3.リピート系注文で仮想通貨を獲得し、長期保有に組み入れる
  • 4.無料配布サイトで仮想通貨を得る

このうち、3.のトレードでビットコインキャッシュを蓄積しました。その数量は0.15BCHくらいです。ビットコインキャッシュの価格が3万円~5万円くらいの時にコツコツと蓄積したものです。

そして先月12月に、ビットコインキャッシュの価格が最大で50万円に到達しました。価格が10倍くらいまで上昇したので、円に換えても良かろうと考え、40万円台の時に売却しました。結果、上のグラフの通り、成績が大きく伸びています。

また、無料サイトで獲得したビットコインキャッシュが少しあります。これも円にしました。

この結果、トレードで得た仮想通貨数量は以下の通りです。青線はビットコインキャッシュの残高です。12月にゼロになっている様子が分かります。リップル(XRP)は、まだ売却していません。

トレード成績(仮想通貨)

長期保有しているビットコインキャッシュと合わせた、仮想通貨保有数量の推移は以下の通りです。ビットコインキャッシュを2.0BCHくらい保有しています。これは今後も継続保有の予定です。

仮想通貨の長期保有数量グラフ(2017年12月31日)

そして、全資産の円評価額推移は以下の通りです。仮想通貨価格の上昇に伴い、順調に伸びている様子が分かります。

仮想通貨資産評価額グラフ(2017年12月31日)

なお、円の評価額は、仮想通貨価格次第で上昇することもあれば、下落することもあります。よって、あまり重視しません。最初に投入した金額(20万円)よりも減らさないことを最も重視します。

2018年1月以降のトレード方針

このまま仮想通貨価格が急上昇を続ける場合、リピート系注文は実行しづらいです。しかし、モナコイン価格の推移を見ますと、上昇一辺倒の相場はそろそろ終了かもしれません。この場合、リピート系注文にとって良い相場になる可能性があります。

また、保有しているビットコインキャッシュ(0.15BCHくらい)を40万円台の価格で売却しました。すなわち、それよりも安い価格で買い戻す場合、損はありません。気楽にトレードできます。

仮想通貨価格が突然ゼロ円になっても、当初投入した20万円を下回ることがないように気を付けながら、リピート系注文を継続します。

運用資産の様子(まとめ)

2017年12月末時点の運用成績は、以下の通りです。

ビットコインキャッシュ【BCH】

長期保有BCH数量:2.00774633 BCH
内訳
運用開始時 2.00774633 BCH
トレードで獲得 0 BCH
無料サイトで獲得 0 BCH

リップル【XRP】

長期保有XRP数量:13 XRP
内訳
運用開始時 0 XRP
トレードで獲得 13 XRP
無料サイトで獲得 0 XRP

上の数量には、トレードで一時的に保有している仮想通貨を含みません。長期保有が確定した分だけです。

2017年12月末時点の全運用資産の評価額は以下の通りです。

評価額:890,899円
内訳
現金 314,519円(運用開始時:20万円)
ビットコインキャッシュ(BCH) 573,212円
リップル(XRP) 3,159円
ビットコイン(BTC) 9円

現金(円)を使って仮想通貨を売買するトレードにより、運用しています。このため、円の評価額が初期投入額の20万円よりも少なくなる場合があります。しかし、これは問題ないでしょう。

また、利食いを繰り返しますと、円が積みあがっていきます。すると、仮想通貨で積極的に運用していても、円の評価額が恒常的に20万円を超すようになります。そこまで運用が進むと、極めて安全度の高いトレードになります。

なお、わずかですがビットコイン(BTC)があります。これは、無料サイトでもらったビットコインです。基本的には、全てBCHと交換します。しかし、あまりに少額で交換しきれなかった分などが残っています。

  • 2017年11月トレード成績
  • 2018年1月トレード成績

運用成績 記事一覧

サイトトップ